ネクタイのMOREは全ての商品をハンドメイド(手作り)で仕上げています。一柄一柄心を込めて作り上げた本物のネクタイをご覧下さい。
 
[トップ][ネクタイの結び方][ご注文方法][リンク集][お問合せ]
 

 
 
プレーンノット


基本中の基本ながら、いまや主流となりつつある結び方です。
あらゆる結び方のうちで最も簡単で基本的。着脱によるタイへの損傷も少ないため万人から支持されています。19世紀の中頃に登場と歴史は古いですが、今日においても、使用頻度も応用範囲も一番高い結び方です。
今はスカーフのごとくふんわりと締めるのがオススメです。
ダブルノット


プレーンノットより少しだけ結び目にボリュームを持たせたいときにオススメ。
一見、普通に見えて、気がつく人は気がつく、という粋な演出ができる結び方です。ノットを彩るズレは、プレーンノットの大剣を二重巻きする事で出現します。したがって、プレーンノットより当然ノットにボリュームが出ますが、思ったほど大きくならず、むしろ品よく仕上ります。
 
スモールノット


コンパクトな結び目が身上。ノットのボリュームを抑える秘技なり!
その名のごとく小さめの結び目が特徴です。プレーンノットが小剣を軸に大剣を巻くのに対し、これは大剣を軸に小剣を巻くので、結び目が小さくなるというワケ。プレーンでも結び目にボリュームが出すぎるときや、大きな結び目が苦手な人の救世主となること間違いなし。
プレーンノット変形


結び目がうまく作れないという無器用さん必見の結び方。結び目を先に作ってから首に通すという一風変わったスタイルです。
メリットは、美しい結び目やディンプル作りと、大剣の長さ調節がイージーにできるということ。無器用な人やクタッとして結び目が作りづらいタイを締める際には、ぜひ一度お試しあれ。
 
ウインザーノット


大きな結び目は長すぎるタイやボリューム不足のノットにも英国王エドワード八世、後のウインザー公の名で有名な結び方。彼が発案者かどうかは定かでないが、これを世に知らしめたのがウインザー公であることは確か。結ぶ際には大剣を左右にかける時に、締め具合を均等にするのがコツ。幅広でボリュームのあるノットになる。
セミウインザーノット


ウインザーよりも小ぶりな、程よい大きさの三角形のノット別名ハーフウインザーノット。この名が示唆するように、ウインザーノットで大検を2回掛けした工程を、その半分の1回にしている。よって自然ながらボリュームが少なくなる。結び方としては左右が均等になるよう工夫された合理的なものだといえます。ウインザーノットは結び目が大きすぎるときや、細いタイをあまり細長い結び目にしたくないときに重宝するはず。
 
クロスノット


結び目が主役。シンプルななかに少しだけ変化をつけたいときに。
プレーンノットと同じ形の結ぶ目にナナメに走る1本の筋。これがシンプルな衿元に、実に気の利いた遊びを生み出す。クロスノットが最も映えるのはシンプルな無地タイ。さらにコーディネイトは、タイそのものより結び目の存在が際立つので、色柄や色数を抑えること。あくまでも結び目を主役とし、シンプルなデザインのアイテムでまとめるといいですよ。
ブラインドフォールドノット


ブラックタイ指定がない友人のウェディングの効かせ技。タイ自体の存在感をアピールした結び方なら印象は一変します。
友人の結婚式に、似合わないタキシード×ボウタイよりも、着慣れたダークスーツにスタイルアップをご提案します。シャツは白のワイド、タイはシルバー系が最適。タイの結び方を変えればオフィスに直行できる、利便性の高さにも注目したいですね。
 
ノンノット


パーティだから許される遊び。個性的なノットは注目度No.1。
まるで前後ろを逆にして、通常シャツの裏側に隠れた部分を外側に向けているような結ぶ目は、周囲の目を独占することでしょう。友人の結婚式の二次会など、少々改まった華やかな席での効かせ技となる結び方です。
結び際のポイントは以下の2つ。左右に巻き込む部分を左右対称にする。結んだ後、2つの三角形をきれいに見えるように調整すること。強く締めすぎないことがコツです。
 
   

Google
 

 

 

 

 

 

 

    
 
[トップ][ネクタイの結び方][ご注文方法][お問合せ]
 
 このページのトップに戻るproduced by 京都カワラ版